ブログ

今までのブログはこちら↓

http://me-ito.cocolog-nifty.com/blog/

2014年

7月

24日

2014年夏ツアー参加者募集中

ずいぶんブログの更新が空いてしまい、すみませんでした。。今日はご報告と夏ツアーのお知らせです。

 

2014年春のツアーから、ツアーの同行をお休みさせていただいておりました。

 

現在は、チェンマイ在住の小西夕子さんにツアーに同行していただき、「子どもたちの生きるを支える旅」と一部内容を変更し、ツアーを継続しております。

 

ご報告というのは、私が現在妊娠中で、もうすぐ出産・育児に入るため、しばらくは日本でツアーのサポートを行う形で、この活動に関わっていければと思っています。落ち着いたら絵本のツアーもまた復活させていきたいです。

 

というわけで、今年の夏ツアーも、まだまだ参加者募集中です!

 

夕子さんが自身のブログに前回のツアーの様子をアップしてくださいました。

http://preekruai-yourebeautiful.blogspot.jp/

 

ぜひこちらもご覧ください♪

 

「タイ・チェンマイ バーンロムサイ 子どもたちの生きるを支える旅」

 

日程:2014年8月27日(水)~9月3日(水) 催行決定!
   2014年9月10日(水)~9月17日(水)催行決定!


旅の詳しい情報については下記をご覧ください。
http://www.jeps.co.jp/tours/thai/ikiru.html

ツアーレポートはこちら。
http://www.jeps.co.jp/report/report_text_ikiru.html

お問い合わせ: 日本エコプランニングサービス 
tel:03-5807-1691
email:jeps_web@jeps.co.jp(担当:渡邊)

0 コメント

2013年

12月

04日

バーンロムサイ 9月12日出発ツアー報告2

さて、ちょっと間が空いてしまいすみません。。

日本食パーティ準備のつづきです。

 

餃子は、タイにもワンタンのようなものがあるのですが、日本とは包み方も違います。子どもたちに、タイの包み方を教えてもらいましたが、シュウマイのような形になり、とても簡単にできます。

 

日本の包み方は、やや難しいようです。

おにぎりも、たくさん握りました。子どもたちも、おにぎりを握るのは好きな様子で、日本人のメー(お母さん)のまねをしながら、一生懸命握っていました。

 

おにぎりを、海苔などでデコレーションするグッズも持ってきていただいていたようで、パンダのおにぎりなど、可愛いおにぎりも並びました。

こんなにたくさんのおにぎりを握るのは日本人も初めてのようで、おにぎりを握りながら、疲れてぼーっとしてしまう参加者の姿も見かけられました。

梅干し、シーチキン、鮭、さんまの缶詰、など、具材もいろいろで、美味しくできあがりました。

 

↓こちらは子どもたちに人気のパンダおにぎり。可愛いですね~。

できあがったおにぎりは、それぞれ好きな具材のおにぎりを選んで、直前に海苔をまいていただきました。

 

そして餃子は、あまりにたくさんの量で、焼いていると時間が足りなくなりそうだったため、揚げ餃子をプラスして、なんとかパーティに間に合いました。揚げるのを手伝ってくれたのは、コックとして働くプロイさん。プロイさんも、後日「とても疲れたけど、みんなで作るのは楽しかった!」と言ってくれました。

みんな、仲良くなった参加者のメー(お母さん)と一緒に座って、パーティの始まりです!

 

一日かけて準備したかいがあって、子どもたちともすっかり仲良くなり、美味しいおにぎり、お味噌汁、餃子が並びました。

餃子は、醤油とお酢とラー油でできたたれが好評で、あっという間になくなりました。揚げ餃子より、焼き餃子のほうが美味しかったようです。

 

おにぎりも、お味噌汁もたっぷりいただいて、満腹!美味しくて、とても楽しい食卓でした。

参加者の皆さん、いろいろな材料を持ってきていただいて、へとへとになりながらも、一緒に料理をしてくれて、本当にありがとうございました。

 

子どもたちは日本食が大好きなので、この企画も続けていこうと思います!

 

 

0 コメント

2013年

11月

21日

バーンロムサイ 9月12日出発ツアー報告

2本目のツアーは、初めての試みでもある、日本食づくり。子どもたちと一緒に、丸一日かけて、美味しい日本食を作りました。

お米チーム
お米チーム

今回つくったメニューは、こちら↓ 

 

・餃子

・おにぎり

・じゃがいもとわかめの味噌汁

 

メニューは、事前の説明会に来てくれた参加者同士で相談して決めていただきました。50人分の料理ですから、3品でも大変な量です。

味噌汁チーム
味噌汁チーム

事前に、お米チーム、味噌汁チーム、餃子チームとチーム分けしておいたおかげで、スムーズに仕込みが始まりました。

餃子チーム
餃子チーム

お米チームは、お米を研いで、炊いて、炊きあがったら保温ジャーへ入れるのが一連の作業です。

 

ペンがメー(お母さん)と一緒に次々とお米を研いでいきます↓

餃子チームは、ニラと白菜をみじん切り、生姜もたっぷり刻みます。豚ひき肉に生姜、ニラと白菜を入れて、タネをつくります。

 

年長の子どもたちは、普段から当番で朝ごはんを作ったり、日曜日には保母さんのお手伝いをして昼食や夕食を作っているので、かなり手際がいいです!

味噌汁チームは、前の日から昆布を浸水させ、鰹節と一緒にしっかり出汁をとりました。味噌汁の具がじゃがいもとわかめにに決まったのは、参加者の方が食べたかったから!とだそうです。

メインディッシュの餃子の皮は、わざわざ日本から持ってきていただきました!

その数、500枚! 

 

みんなで協力して餃子を包んでいきます。日本的な餃子の包み方がわからない子どもたちに、包み方をレクチャー。みんな一生懸命包んでくれて、あっという間に500個の餃子ができあがりました。

たくさん写真があって一度では載せきれないため、次回は、日本食づくりの仕上げから、パーティの様子をお伝えします!

0 コメント

2013年

10月

29日

バーンロムサイ 9月5日出発ツアー報告2

子どもたちも待ちにまったお菓子づくりの時間。今回は、絵本「ぐるんぱのようちえん」に出てくる、大きなクッキーを作りました。

このクッキーは、ツアーの初期(2009年か2010年頃)に一度作ったことがあるのですが、もう一度チャレンジです。3年前に作ったときよりも、子どもたちの手際も要領も確実に良くなっています!

粉ふるいもお手のもの!

 

あっという間に生地が出来上がりました。
みんな楽しそう。とってもいい笑顔です。

葉っぱ、星、ハート、うさぎ、ねこ、などなど。みんなそれぞれ、好きな形のクッキーを作りました。

↓ピースをしている後ろの子はだれでしょう?

その中で、ペットが大きな大きなクッキーを一枚形づくりました。ぐるんぱにも負けない、巨大サイズのクッキーです。

 

冷蔵庫から、チョコレートのトッピングも探し出してきて、熱心に飾り付け。出来上がりはまるでケーキのようです!

みんなで一緒に作ったクッキーは、3年前と変わらず、甘くて優しい味がしました。お菓子作りを通しても、子どもたちの成長をひしひしと感じます。

そしてこの日はもう一イベント。

実は、この日、参加者の中にお誕生日を迎えた方がいたのです。

 

夜にコムロイをあげるとき、サプライズで子どもたちと一緒にハッピーバースディを歌い、コムロイを空に放ちました。

そしてホームに戻ってくると、誕生日のお祝いの準備をこっそりしてくれていたのは、タンとボーイでした。

 

私にも内緒で、昼間作った大きなクッキーに、フルーツやジャムで飾り付けをしてくれていたのです!

 

これには、他の子どもたちも、私たち日本人もびっくり!

またみんなで何度もハッピーバースディを歌い、誕生日のお祝いをしました。

 

とっても楽しく、子どもたちの気持ちが嬉しい夜でした。記念のお祝いができて、本当によかったです。

 

おめでとう~!

0 コメント

2013年

10月

25日

バーンロムサイ 9月5日出発ツアー報告

9月5日出発の絵本読み聞かせのツアーの報告です!

今回は、8名の方が参加してくださいました。学生さんや社会人の方、タイ在住の方にもご参加いただき、とても賑やかで楽しい旅となりました。

普段なかなか出会うことがない方たちと一緒に旅をする。こういったツアーの醍醐味でもありますし、楽しさでもあります。

子どもたちは相変わらず、みんな元気いっぱいで、私たちの到着を楽しみにしてくれていました。

 

絵本の読み聞かせは、参加者の方がそれぞれ一生懸命練習してきたおかげで、年長の子たちも、小さい子どもたちも夢中で絵本に入り込んでいます。

実は、前回のツアーで小さい子たちは、人見知りなのか、絵本に慣れていないのか、泣いてしまう子もいたのですが、今回は、絵本を楽しみにしてくれたようで、年長の子どもたちにだっこされ、お世話されながら、絵本を楽しんでいる様子でした。

 

本当にあっという間の成長ぶりです!

参加者のみなさんとも、あっという間に仲良くなりました。いつも思うことですが、これまでもずっと一緒だったかのように、すっかり打ち解けてしまいます。

 

それも、安心して暮らせるバーンロムサイで、子どもたちの心が開かれているからなんだろうなぁと思います。参加者も心を開いて、子どもたちも心を開いて、同じ時間を過ごせること、とても幸せなことだと感じます。

次回はお菓子づくりの様子をお伝えしていきます。

 

つづく・・・!

0 コメント

2013年

6月

13日

新しい夏のチェンマイツアー

次の夏のツアーも募集が始まりました!

 

例年通り、この夏も2本の日程をご用意しているのですが、ツアーの内容を少しリニューアルしました!!

 

今までずっと一人でこの旅を進めてきたのですが、これからは、協力な助っ人を迎え、その方と一緒にこのツアーを継続していこうと思っています。

 

その協力な助っ人とは??

小西夕子さんです。

コーディネーターの夕子さん 
コーディネーターの夕子さん 

夕子さんとの出会いは、バーンロムサイ。私がバーンロムサイでボランティアを始めた頃、夕子さんは子どもたちに日本語を教えてい て、初めて会ったとき、なんて温かいオーラのある人だろうと、ちょっと話しただけなのに、ほっとしたような、癒されたような気持ちになったのを、今でも覚えています。

 

夕子さんも元々はバーンロムサイでボランティアをしていて、その後タイ人の今の旦那さまと結婚し、今ではお子さん2人に恵まれ、家族4人チェンマイで暮らしています。夕子さんのブログ→http://preekruai-yourebeautiful.blogspot.com/

 

夕子さんは、今までのツアーでも難しい内容のお話を通訳していただいたり、前回の春ツアーでは、一緒にツアーに同行し、サポートしていただいたり、この旅がスタートする前からずっとずっと応援してくれて、助けてくれた方の一人です。

 

次回のツアーは、夕子さんと私、2人のコーディネーターが子どもたちとの出会いをサポートします!!

 

そしてツアーの内容のリニューアルですが、1本は今までと同様、絵本の読み聞かせを行います。もう一本が新しい試みの、日本食交流会です。一緒におにぎりをにぎったり、おかずを作ったりしながら、夜のパーティに向けて準備して行きます。

 

子どもたちは日本食も大好きで、おにぎりなどは、普段の倍以上食べるほどです!一緒につくって、一緒に食べる、もうそれだけで仲良くなれそうですよね。

 

◎夏のツアー リニューアル内容

 

・2013年9月 5日(木)出発 

土曜日:子どもたちへの絵本の読み聞かせ、お菓子作り

月曜日:国立ビエンピン孤児院への訪問、絵本の読み聞かせや交流

 

・2013年9月12日(木)出発

土曜日:子どもたちと一緒に日本食パーティのための準備

(自分たちで決めた日本食のメニューを子どもたちとつくります。)

月曜日:伝統的な暮らしの根付くバーン・ナー・メン村を訪問

 

※両方の日程とも、金曜日午後のお話会では、バーンロムサイスタッフの谷岡功一さん、碧さんご夫妻のお話をお聞きします。こちらも新しい試みなので、どんなお話が聞けるか、今から楽しみです。

 

詳しい内容やコーディネーターのプロフィールについては、

こちらをご覧ください→http://www.jeps.co.jp/thai/ehon.html

 

新しいツアーにどきどき、わくわくです。

みなさま、新しいツアーもどうぞ宜しくお願いいたします。

2 コメント

2013年

5月

23日

チェンマイ バーンロムサイ 報告

バーンロムサイでの絵本読み聞かせの旅は、今回で14回目になります。

 

私がボランティア時代に一緒の時間を過ごした子どもたちもずいぶん大きくなり、新しく9名のちびっこたちも加わり、バーンロムサイはますます賑やかです。そして同時に継続した支援を必要としています。

 

この絵本の旅も変化をしながら、ずっと子どもたちを支援していけるような旅にしていきたい、少し前からそんな想いを持っていました。

 

もちろん、小さな子どもたちは、絵本が大好きなので、新しい絵本もたくさん読んであげたいし、年長の子たちも、絵本はもちろん、他のアクティビティを一緒にやることで、交流していけたらいいなと思っています。

絵本を読むダーオが嬉しそう
絵本を読むダーオが嬉しそう

そんな想いを抱えながら、今回も新しい参加者のメー(お母さん)たちと、たっぷり子どもたちと遊び、時にはみんなで泣いたり、笑ったり、とても素晴らしい旅となりました。

 

特に、名取美和さんのお話会では、その場にいた全員(私も含め)が泣いてしまうほど、心にぐっとくるお話をしていただき、アドバイスをいただき、みんなの悩みや想いを共有することで、お互いを深く理解する時間をもつことができました。

ゲンも一生懸命読んでいます!
ゲンも一生懸命読んでいます!

絵本の読み聞かせでは、前回初めて参加したちびっこたちも、慣れた様子で読み聞かせに参加していました。

 

いうのも、保母さんが、小さな子どもたちを集めて、今までに寄付した絵本を毎日一冊づつ読み聞かせしてくれているそうなのです。なので、絵本を読む楽しさをしっかり理解した子どもたちは、日本人のメーとの読み聞かせでも、とっても楽しそうに絵本を読んでいました。

 

寄付した後も、絵本を活用してくれているのは、とても嬉しいことです!

テンモーも指をさして積極的
テンモーも指をさして積極的

お菓子作りは、「はれときどきぶた」という絵本に出てくる、春巻きの皮をつかった

”えんぴつあげ”です。

 

春巻きの皮の中に、チーズとレーズン、チョコレートバナナをくるくると細長いえんぴつ状に巻いて、油で揚げたお菓子です。

男の子たちは、午後からはサッカーで、行く前に少し時間があったので、巻くところだけお手伝いし、ベンは「これ、僕が作ったやつだからね。とっておいてね。」と言い残し、行ってしまいました。

 

女の子と大人たちで協力して、残りの巻き作業を終え、次は揚げるだけ。揚げ物は、ホームでもよくメニューに登場するので、女の子たちもお手伝いは慣れています。

ガノック(↓)やミウ、プロイが率先してお手伝いしてくれました。お菓子作りも、最初に始めた頃と比べると、大人がやることが少なくなり、年長の子どもたちに任せることが多くなりました。子どもたちの成長を感じて、頼もしさを感じる瞬間です。

みんなで出来上がったお菓子を食べることももちろん楽しいことですが、出来上がったお菓子をスタッフや保母さんたちに配りに行くのも、子どもたちにとっても嬉しいことのようです。

 

女の子たちは、サッカーに行ってしまった男の子たちの分もちゃんととっておいていました。

 

こうして、少しずつ成長してきた子どもたちと一緒に、このツアーも成長してきたように思います。この繋がりを絶やさずに、これからも子どもたちにとっての楽しみとなるツアーを継続していきたいと思います。

 

次回ツアーについては、またお知らせしますね。

お楽しみに!

0 コメント

2013年

5月

07日

カンチャナブリ子どもの村学園 報告

タイから帰国してから、あっという間に時間が経ってしまい、ブログの更新がすっかり遅くなりました。。

 

2月に行ってきました、タイ・カンチャナブリ県にある子どもの村学園、絵本読み聞かせの旅の報告をしたいと思います。

 

私がここを訪れるのはこれで3回目。ツアーとしては、2回目となります。ちょうど一年ぶりとなる訪問でしたが、思ったとおり、子どもたちは身体も心も、ぐんと成長していました。

 

でも人懐っこいのは変わらず、日本からの参加者である学生さん10名と私、タイ人のガイドさんを迎えてくれました。

 

みんな声を出して絵本を読んでいます
みんな声を出して絵本を読んでいます

今回は図書館が先生たちの会議で使えなかったので、いつも子どもたちと先生が話し合いをする部屋を(国会のような協議ができる場所)お借りして、絵本の読み聞かせをしました。

 

ちなみに、この場所では、毎週金曜日に、子どもと先生や保母さんなどの大人が集まる協議会が開かれていて、何か問題があったり、困ったことがあったりすると、子どもと大人が対等に意見を出し合い、解決する、という時間が設けられています。

子どもたちは新しい絵本に興味深々!日本人の参加者のみんなにも興味深々で、あっという間に仲良くなっていました。

 

ここには、家庭の経済的な事情で育てられなかったり、親の虐待から保護されてきたり、小さい頃に親に捨てられたりと、いろんな事情を抱えた子たちがいます。

 

でもそんなことを感じさせないほど、子どもたちは明るく、元気です。自然あふれる子どもの村学園で過ごすうちに、安心感と子ども本来の無邪気さを取り戻しているのかもしれません。

絵本を読んだ後は、折り紙をしたり、指差し会話帳を使って日本語を勉強したり、テンションが上がりすぎて、おいかけっこを始める子たちもいました。

 

やっぱり、子どもたちは自分の気に行った参加者のもとからは、側から離れたくないようです。

日本語とタイ語のお勉強が始まりました
日本語とタイ語のお勉強が始まりました

↓こちらは子どもたちの授業風景です。

 

このときは、「水や電気を節約するために、できること」というテーマで子どもたちがグループに分かれて、子どもたちが考えたことを大きな紙に書いていきます。イラスト担当と、考える担当が分かれているようで笑、絵を描く子はひたすら絵を描いていました。

ある授業風景
ある授業風景

こちらは、ワークショップの時間。子どもたちに教えてもらいながら、ブレスレットの作り方を教えてもらいます。

子どもたちは、午前中は学校の授業、午後は自分でワークショップを選択します。(年長の子は午後も授業がある子もいます。)

 

そのひとつが、ブレスレッド作りです。他には機織りやバティック、木工などがありますが、自分が好きなことを選べます。子どもの村学園では、大人が押しつけるのではなく、子どもが自分で選択し、自ら学ぶ、という姿勢を大切にしているからです。

ツアーでは、バティックづくりも体験しました。みんなそれぞれ好きな絵をろうそくで描きます。↓熱々の蝋を使って絵を描くので、みんな真剣な様子です。

色付けの作業↓。ここまでくるとほっと一息、楽しい雰囲気で仕上げることができました。

出来上がりはこんな感じになりました↓

 

素敵な作品ですね!

毎日午後16時頃になると、カンカンカーンという鐘の音が聞こえてきます。これは、川での水浴びの合図です。

カンチャナブリは、バンコクに近い県で、毎日とても暑いため、この水浴びの時間が子どもたちは大好きです。

 

今回の参加者のみんなは、初日にひとり、木に登って、高いところからダイブした子がいたので、それにつられて次の日みんな川へ飛び込んでいました。私もつられて初めて川へ入ってみましたが、暑さがスーッとひいて、とても気持ち良かったです。

ひとりダイブした勇気のあるあかねちゃん
ひとりダイブした勇気のあるあかねちゃん
子どもたちと一緒に
子どもたちと一緒に

参加者は、みんな学生さんでしたが、川に飛び込んで、普段よりもっともっと自分を子どもみたいに解放して、子どもたちと一緒になって遊んでいました。

 

毎日、自然の中で思いっきり遊べる時間というのは、子どもたちにとっても、大人にとっても大切なことだと改めて気づかされます。

今回の旅も、本当に素晴らしいメンバーで子どもたちと出会うことができて、幸せな時間となりました。参加してくれたみんな、ありがとう。これからも子どもたちと繋がっていきましょう。

 

また会える日まで。

 

団結力ばつぐんのジャンプ!
団結力ばつぐんのジャンプ!
0 コメント

2013年

1月

29日

2013年春ツアー

今年の春ツアーの参加者がじわりじわりと集まってきました。

お申込みいただいた皆さま、本当にありがとうございます!!!

 

チェンマイは、7日出発のツアーが催行となりました。残席少なめです。

14日出発のツアーはまだまだ空きがありますので、ご興味のある方はお早めにどうぞ!

 

カンチャナブリも催行となりました。ツアーで行くのは今回で2回目です。前回、子どもたちからリクエストしてもらった絵本があるので、それを読んであげるのが今から楽しみです。

 

2月、3月はタイはとーっても暑いシーズン。雨もほとんど降りません。

 

ご参加される皆さん、寒い日本から暑いタイへ、ばてないように充分に体調を整えておいてくださいね。

 

お会いできるのを楽しみにしています!

0 コメント

2012年

12月

12日

アンダーザツリー展

始まるんだってさ
始まるんだってさ

今週14日(金)から、バーンロムサイのアンダーザツリー展が開催されます。

 

今年はどんな素敵なものたちと出会えるのか、楽しみです!

この展覧会が始まると、今年も終わりなんだな~と実感します。

 

会場には、絵本読み聞かせの旅のパンフレットも置かせてもらいますので、興味のある方はぜひお手にとってみてください♪

 

■東京・六本木 サボア・ヴィーブル 「アンダー・ザ・ツリー展
期間:2012年12月14日(金)~26日(水)
時間:11:00 〜 19:00 ※会期中無休
場所:〒106-0032 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル3F
サボア・ヴィーブル
tel. 03-3587-0318
Website www.savoir-vivre.co.jp
ぼくも行きたい・・・
ぼくも行きたい・・・
0 コメント

2012年

12月

11日

2012年夏 チェンマイ報告

バーンロムサイの子どもたちにとっては、年に2回のお楽しみになっている、絵本読み聞かせの旅。いつも、本当に楽しみに待ってくれているそうです。

 

今年9月には、2回のツアーとも満員御礼で、たくさんの方々が子どもたちと出会ってくれました。

 

バーンロムサイの写真日記ではずいぶん前に書かせていただいていたのですが、(→http://www.banromsai.jp/photo_diary/?page_id=10180)こちらのブログでは、写真とともに、ツアーの様子を振り返ってみたいと思います。

今回は、はじめて、ちびっこたち(1歳半~5歳の子どもたち)が絵本の読み聞かせに参加してくれました。

 

初めてだからか、照れている様子のアーム(↑5歳)。でも嬉しそうに読んでもらっていますね。

 

私がこのプロジェクトを始めるきっかけとなった、ペット君ももう10歳となりましたが、絵本を一緒に読み始めたのはちょうど5歳ぐらいでした。懐かしいです。子どもたちは本当にあっという間に大きくなりますね。

今回、特に絵本に興味を示していたのが、サーサー(↑3歳)かもしれません。まだ字も読めないし、参加者のタイ語の読み聞かせも理解が難しかったかもしれませんが、じーっと絵を見つめ、自らページをめくったり、集中力がとぎれませんでした。

 

将来は文学少女になってくれるかな!?楽しみです。

年長の子どもたちは、絵本ももちろんですが、参加者のメー(お母さん)たちと接することが楽しい様子でした。

 

年長の子たちは、小さい子の面倒をよく見ながら絵本を楽しんでくれて、助かりました。えらいですね~。

 

アーパイ(↓8歳)も、だいぶ大きくなりましたが、まだまだ甘えたいようです。メーを独占できて嬉しそう♪

小さな男の子たちは、充分絵本を楽しんだ後、お菓子タイムです↓(笑) 小さい子はなかなか集中力が続かないですが、参加者の皆さんもうまく子どもたちと接してくれています。

 

このツアーに参加してくれる方々は、本当に子どもと接することが上手です。あっという間に仲良くなって、お互いに心を許してしまう。やはり皆さん子どもが好き、ということでこのツアーに参加してくれているからなんでしょうね。

子どもたちとじっくり過ごせるのは、土曜日と日曜日の2日間ですが、この2日間が本当に蜜な時間のように思います。朝起きて子どもたちと会ってから、おやすみを言って別れるまで。

 

工作をしたり、絵を描いたり、お菓子作りをしたり、おにごっこをしたり。子どもたちにとっても、純粋に遊ぶことができる2日間だと思います。

何の心配もなく、思いっきり遊ぶ、ひたすら楽しいことをする、ということが、子ども時代には本当に必要な時間ではないかなと思います。

↑お菓子づくりのときは、真剣!!たーくさん美味しいケーキを作りました。

 

↓子どもたちには、はないちもんめ、だるまさんがころんだが大人気!

ちょうど、このツアー中にお誕生日を迎えられる参加者の方がいらっしゃいました。サプライズでケーキとメッセージカードをみんなで用意し、ハッピィバースディを歌ってお祝いしました。

 

日本に帰ってしまうと、なかなか会えないですが、この旅で出会った参加者同士の繋がりも、とてもかけがえのないものではないかと思います。

滞在するゲストハウスでは、たくさんの猫とも出会えますよ(笑)

たらちゃん↓はゲストハウスの看板猫です。

 

次回ツアーは3月に予定しています。

興味のある方はぜひ!

 

一緒にチェンマイを旅しましょう♪

0 コメント

2012年

11月

07日

2012年夏 カオハガン報告

読み聞かせの練習をしています
読み聞かせの練習をしています

今年一緒にカオハガンへ行ったメンバーは24人!

 

多いですよね!?今までで同行した中でも、一番多い人数でした。

 

人数が多いとカオハガンでは大変です。

シャワーは限られているので、順番待ちが長かったり、特に今回は雨があまり降らず、近くの島から水を買っているという状況だったため、シャワーを浴びている途中で水が止まったり、、、、とハプニングもありました。

練習中・・・楽しそう!
練習中・・・楽しそう!

でも、人数が多いからこそ、いろんな人と話せて、カオハガンでの時間を共有できて、最高に充実した旅になったと思います。

 

人数が多くて感じる不都合を、カオハガンではあまり不都合には感じません。

ご飯や飲み物が出てくるまで時間はかかるけれど、そのぶんゆっくりおしゃべりをして待ったり。シャワー待ちの間に夜の海辺で星を眺めたり。

 

みんなでゆっくり待てばいいか~というのんびりした気持ちになります。

カフェの側にある船の上で・・・
カフェの側にある船の上で・・・

今回も、英語で絵本の読み聞かせをしてきました。

 

最初は、参加者同士で、絵本の読み聞かせの練習をしました。大人相手に絵本を読み聞かせるのですが、これが意外(?)に楽しそうでした。

 

恥ずかしがりながらも、みんな身振り手振りをつけたり、絵本を指さしたり、わかりやすく、楽しく伝えるために一生懸命です。

床は砂浜!南の島に来たという感じがします
床は砂浜!南の島に来たという感じがします

今回は、海辺にカフェ(↑)が出来たばかりだったので、その場をお借りして、カフェの雰囲気を楽しみつつ絵本の読み聞かせをしました。

 

このカフェ、ヒーナイヒーナイ(ビサヤ語でゆっくりゆっくり)は、カオハガンで暮らすアーティストのかおりさんが立ち上げたもので、本当に可愛くて素敵な空間に仕上がっていました。海を眺めながらのココナッツジュース、最高です♪

練習して楽しい雰囲気になったところで、子どもたちを迎えます。最初は自己紹介。子どもたちにも自分の名前を一言づつ言ってもらいます。

 

海辺で読む絵本は、なんともいいものです。

 

波の音がそばで聴こえて、風が吹いて、、、、本当に豊かさを感じる時間でした。思い出しただけで、癒されます^^

最後は集合写真をパチリ!あっという間の楽しい時間でした。

 

子どもたちの楽しそうな笑顔がなにより嬉しいです。

読み聞かせにトライしてくれた皆さん、本当にありがとうございました!!

0 コメント

2012年

8月

20日

読み聞かせ練習会

昨日は絵本をタイ語で読み聞かせるための練習会がありました。

 

参加してくださったのは10名。

 

なんと新潟や名古屋から駆け付けてくれた方々もいて、その熱心さに本当に頭が下がります。遠いところからわざわざありがとうございました。

 

皆さん、最初は緊張感のある感じで自己紹介などしてくださいましたが、実際に練習してみる場になると、次第にリラックスムードに。

 

お一人、お一人、タイ語の音声を聞きながら、区切りや声調などをチェックして、声に出して練習してもらったのですが、なかなか飲み込みが早く、一生懸命向き合っている姿が印象的でした。

 

いつも感じることなのですが、皆さん、この練習会でお会いする時と、チェンマイ空港で再び会うときでは、顔が全然違います!

 

テンションが高まって、わくわくしている顔になっているんです。

その変化を見るのも楽しみのひとつ。

 

チェンマイでお待ちしていまーす!!!

 

 

 

 

0 コメント

2012年

8月

17日

夏のツアー満員御礼

夏のツアー、おかげさまで2回とも、満席となりました!

 

いつも申し込み状況というのは、季節によっても、時期によっても違っていて、「今年はどうかな~」と、どきどきしながら待っているのですが、今夏はあっという間に満席となったようです。嬉しい~♡

 

バーンロムサイのスタッフの皆さんにもいつも告知のご協力をいただいているおかげかもしれません。そしてなにより、ツアーの募集をしてくれている旅行会社、JEPSスタッフさんたちの努力の証です!

 

いつもありがとうございます!

 

そしてなにより、この旅を見つけてくれて、申し込んでくださった皆さん、本当にありがとうございます!!

 

いよいよ、明後日の日曜日は、絵本読み聞かせの練習会です。

 

参加者の皆さんに会えるはじめてのタイミング♪楽しみです^^

準備完了!で読んでくれる人を待っている絵本たち
準備完了!で読んでくれる人を待っている絵本たち
お菓子は何をつくろうかな~検討中です!
お菓子は何をつくろうかな~検討中です!
0 コメント

2012年

6月

19日

再会の会 in 大阪

行ってきました!再会の会、はじめての大阪での開催です♪

 

いつもは春、夏ごとに2本のツアーがあり、合同で再会の会を行っているのですが、今年の春は、1本のみ。

 

しかも参加者が、10名中8名関西地域からの参加者だったのです!

 

はじめての大阪での再会の会は、とても新鮮でした。遠く北海道から駆け付けてくれた子や、新入社員として関西から関東へ移った後に、この日のために来てくれた子、神戸から貴重な休日を使って来てくれた社会人組み、みんなにお土産を持たせてくれたメー(今回は本当にお母さんでした!!)、忙しいとこ無理して来てくれた子(体調大丈夫だったかな)

 

みんなでまた集まれたことが嬉しかったし、久しぶりに一緒にタイ料理を食べられて、チェンマイで過ごした時間が戻ってきたようでした。

 

来られなかった子もいたのは残念でしたが、またいつかみんなで集まりたい!集まろうね!!

 

タイ料理屋さんでご飯を食べた後は、大阪をよく知る関西組みに、大阪観光をしてもらいました。

 

とっても暑い日だったけれど、日本をみんなでブラブラと歩くのはなんだかとても面白かった。大阪は東京とはまた違うパワーが溢れている街で、大好きです。

 

謎のかっぱ横丁
謎のかっぱ横丁

こうして旅の後も、繋がりが続いていくこと、そんな人の繋がりを大切にしていきたいです。

 

来てくれた皆さん、本当にありがとうございました!!

これからもよろしくです♪

おちゃめな一枚
おちゃめな一枚
初めて行きました、通天閣
初めて行きました、通天閣
0 コメント

2012年

5月

30日

絵本読み聞かせの旅 2012年夏

今年の夏も、絵本読み聞かせの旅がスタートします!

 

バーンロムサイの子どもたちと絵本を読んだり、お菓子づくりをしたり、工作をしたり、縄跳びをしたり、、、一緒の時間を過ごしてみませんか?

 

子どもたちは毎年この旅でたくさんのメー(お母さん)、ポー(お父さん)が来てくれるのを楽しみに待ってくれています!

 

子どもたち、本当に元気いっぱいで、あり余るパワーをぶつけてきますので、渡航前には、体力づくりをすることをお勧めします(笑)

タイ・チェンマイ バーンロムサイ 絵本読み聞かせの旅は下記の日程です↓

 

・2012年9月 6日(木)

 

・2012年9月13日(木)

 

旅の内容や料金についてはこちらをご参照ください↓

http://www.jeps.co.jp/thai/ehon.html

(一部まだ更新されていない部分がございます。)

 

ツアーレポートはこちら↓

http://www.jeps.co.jp/report/report_ehon.html

新しく仲間入りしたちびっこたち
新しく仲間入りしたちびっこたち

普段なかなか自分では行けない場所、出会えない人々と出会える機会をつくっていけたらいいなと思います。

 

参加者の皆さんは、ほとんどがお一人でご参加されますが、皆さんびっくりするほど仲良くなって、旅の後も交流が続いている方がほとんどです。

 

お一人でのご参加も大歓迎ですよ!

 

お会いできるのを楽しみにしています♪

0 コメント

2012年

5月

15日

kico 素敵なプロジェクト

このお二人は、絵本読み聞かせツアーの記念すべき第2回目に参加してくれた、智美さんと圭さんです。

 

初めてチェンマイを訪れた後、自分たちでゴールデンウィークにも子どもたちに会いにバーンロムサイを訪れてくれ、さらにさらに、2011年の夏のツアーにも、リピート参加してくださっている”つわもの”です!

 

そのお二人が新しく Kico というプロジェクトを始めました!!

http://kico-smile.jimdo.com/

タイ、チェンマイで出会った子どもたちと、これからも繋がる方法。

 

彼女たちにとって、それは大好きなタイの雑貨や小物を販売し、その利益を子どもたちの施設に寄付する、というものでした。

 

はじめ、お二人からこのお話を聞いた時は、とってもとっても嬉しかった!

 

私が一番願っていたのは、この旅を通じて、子どもたちと参加者が、旅が終わってからもずっと繋がりを持てるような、そんな出会いを作りたい、ということだったからです。

 

それを行動で示してくれたのが、圭さんと智美さんのお二人なんです♪

5月13日、この日、神奈川県の森山神社で行われた葉山芸術祭 青空アート市で、kicoのお店がデビューしました。

 

とっても可愛らしい雑貨や小物、なにより、お二人の楽しそうな笑顔に触れることができて、こちらまで幸せな気持ちになりました!!

 

とっても素敵なメー(お母さん)と出会えてよかったね^^と、チェンマイにいる子どもたちにも伝えたいです。

 

これからも、kicoの活動、楽しみにしています!!

タイの思い出を一枚のボードに。素敵な写真ばかり!
タイの思い出を一枚のボードに。素敵な写真ばかり!
4 コメント

2012年

5月

07日

カオハガン島 絵本読み聞かせの旅

春のシーズン最後のツアーは、カオハガン島。

今年も南の島へ絵本を届けてきました。

 

到着した翌日は、島のオーナー崎山さんが、島を案内してくれます。

大体一時間もすれば、村を散策して、島をぐるりと一周できるのです。

 

この日は犬も一緒にご案内。

途中暑くて、水浴びです↓ なんともうらやましい~。

 

本当に綺麗な海に浮かぶ、小さな島。大きさは大体、東京ドームぐらいだそうです。

今回の参加者は、15名でした。それぞれに、絵本を抱えて子どもたちとご対面!

 

読み聞かせの前に、必ずすることは、自己紹介です。

参加者も、子どもたちも、それぞれ自分の名前を言い、挨拶をしました。

 

子どもたちはこの自己紹介が恥ずかしいらしく、自分の名前を早口で言うと、さっとその場に座ってしまいます。

 

中には早口すぎて、名前が聞きとれない子が何人かいました(笑)。

「じゃあ、絵本を一緒に楽しみましょう!」という掛け声で、それぞれのお姉さん、お兄さんのところで絵本を読み始めます。

 

熱心に絵本を見つめ、読み聞かせに耳を傾ける子、一緒に声を出して読みだす子、なぜか絵本ではなく、お姉さんをじっと見つめる子。

 

様々な反応ですが、みんな一様に楽しそうに読んでいます。

男の子チーム↓

 

夢中になって読んでいます♪

こちら↓は、絵本に月がでてきたので、月の歌を教えているところです。

 

「月がでた でた~ 月がでーたー あ、よい よい♪」

 

カオハガンの年長の子たちもすっかり覚えて、この歌を歌っていました。

とても面白い光景でした~!

みんなで集合写真↓

 

ここに来ている子どもたちはほんの一部です。村にはまだまだ小さい子から年長の子まで、本当にたくさんの子どもたちが暮らしています。

 

カオハガンの子どもたちは、今でこそ本当に元気で、逞しいですが、崎山さんが島に来た当初は、生まれた子どもは3歳になるまでに亡くなっていた、というぐらい、医療や衛生の面で遅れがあったそうです。

 

今は学校で教育を受けられ、こうして図書館もできたカオハガン島。

 

こうして読み聞かせに来ることで、絵本は楽しい、本は世界を広げてくれるものだということが伝えられたらいいなと思います。

夕方は浜辺で遊ぶのが日課です
夕方は浜辺で遊ぶのが日課です
コースター作りに挑戦!
コースター作りに挑戦!
お魚キルトを縫っています ちくちく
お魚キルトを縫っています ちくちく
男子チームはアクセサリー作り 素敵にできました!
男子チームはアクセサリー作り 素敵にできました!
カオハガン島をバックに ハイ、チーズ!
カオハガン島をバックに ハイ、チーズ!
0 コメント

2012年

4月

30日

バーンロムサイ 絵本読み聞かせの旅

バーンロムサイへの絵本読み聞かせの旅も、今年の3月ツアーで11回目となり、今まで87名の方がチェンマイを訪れ、子どもたちに絵本を読み聞かせてくれました。

 

この旅を通じて、たくさんの方が子どもたちに絵本と笑顔を届けてくれたこと、子どもたちと友達になり、帰国してからも繋がりを持ち続けてくれること、子どもたちを応援する輪が少しづつ広がっていることを本当に嬉しく思っています。

今回のツアーでは、以前にも同じツアーに参加してくれた方、お二人が、さらに友達2人を連れて、大人数でご参加くださいました。

 

リピート参加のお二人は、子どもたちとの再会を喜び、一緒に過ごせる時間の大切さをかみしめておられるようで、私まで嬉しくなりました。もちろん、子どもたちも大喜び!

 

めーあやか、めーともこ、本当にどうもありがとう♡

今回の参加者は10名。そのうち7名が関西からの参加者だったため、いつもよりつっこみが厳しかったような(笑)、賑やかな旅となりました。

 

そして2名は貴重な男性参加者!

 

子どもたち、特に男の子たちは、大はしゃぎで、ポー(お父さん)に体当たりしたり、サッカーをしたり、始終嬉しそうにしていました。

 

ポーが来てくれてよかったね!

 

絵本の読み聞かせが終わって、メー(お母さん)の似顔絵を描いていたベン↓

ちゃんと名前もタイ語で書いてあります。

ペンの絵本を読むときの定番スタイル↓ 

 

メーの膝をまくらにしながら、絵本に夢中になって読んでいます。

安心するんでしょうね^^

今回のお菓子作りでは、「チョコレート工場の秘密」という本に出てくる、フルーツチョコレートをつくりました。

 

みんなでせっせとフルーツ(マンゴー、イチゴ、バナナ)を刻み、チョコレートを刻み、溶かして、型に流し込みます。

 

本当に本に出てくるシーンのように、子どもたちによるチョコレート工場の世界が広がっていました。

 

アーパイのチョコレートを見つめる眼差し、真剣です!

ボーイとベンは、手についたチョコレートを舐めて、ちょこちょこつまみ食いです↓

工作の時間には、みんなでブレスレットを作ったり、折り紙をしたりと、みんなそれぞれの時間を楽しんでいました。

土曜日の夜は、月に一度のムーガタ↓(焼き肉のような、お鍋のような・・・)の日でした。

 

みんなで炭火の上にのった鍋を囲んでわいわいしながらの食事です。

 

(真ん中の盛り上がったところで肉を焼き、周りの鍋部分で野菜や春雨をゆでて、たれにつけていただきます。)

 

子どもたちはこのムーガタが大好きで、月に一度、こうして自分たちで用意してムーガタを食べます。

 

食べ終わった後は、鍋を洗ったり、炭を片づけたり、いろいろと大変そうですが、大好きなムーガタを食べるためには苦労をいとわないようです。

 

今回はちょうどタイミングよく、一緒にムーガタを食べることができました!

今回の旅も、子どもたちが目一杯遊び、たくさんの笑顔を見せてくれたことが、参加者のみんなにとっても、私にとっても、パワーとなりました。

 

参加してくれた皆さん、本当にありがとうございました。

 

またぜひ子どもたちに会いに、チェンマイに来てくださいね!

 

バーンロムサイの写真日記にも、写真と文章を載せていただいています。

よろしければこちらもどうぞ→ http://www.banromsai.jp/photo_diary/?page_id=10076

0 コメント

2012年

4月

10日

カンチャナブリ 子どもの村学園

2月21日に出発した、カンチャナブリ、子どもの村学園での絵本読み聞かせの旅

報告をしようと思います。

 

今回は、9名の学生さん(全員女子!)が参加してくれ、本当に賑やかで楽しいツアーとなりました。

 

私は2回目の訪問。子どもたちはすっかり私のことなど忘れていましたが(笑)、中には以前来た時にはまだ幼さが残っていた子も、背が伸び、わんぱくな子たちの仲間入りをしていたり、子どもの成長は本当に早いなぁと感じました。

絵本を届けてきました!
絵本を届けてきました!

子どもたちの生活は、毎朝の朝礼から始まります。国家を歌い国旗を揚げると、園長先生からのお話を聞いたり、瞑想をしたり、体操をします。その後、それぞれの年代に合わせて、学校での授業を受けています。

 

午後は、職業訓練のためのワークショップの場があり、木工でものづくりをする教室や、バティックで絵を描く教室、機織りの教室、ビーズなどでブレスレットやアンクレットを作る教室など様々な技能、技術を身につけることができます。

 

私たちも子どもたちと一緒にバティックづくりをしたり、ブレスレットづくりをさせてもらいました。

 

バティックは蝋で絵を描くのが思ったより難しいのですが、子どもたちは慣れた手つきで本当に上手な絵を描き上げていました。

蝋で絵を描いてバティック製作中
蝋で絵を描いてバティック製作中
子どもが描いたバティック 
子どもが描いたバティック 
モールつくったメガネたち
モールつくったメガネたち

ここ、子どもの村学園には、図書館があるので、絵本の読み聞かせは図書館で行いました。みんな新しい絵本を夢中になって読んでいました。一通り読み終わると、図書館にある絵本を読んでほしいと、絵本を出している子もいたり。

 

参加者のみんなも、慣れないタイ語を一生懸命練習してきてくれていて、一緒に声を出して読んでいる姿も見られました。

夜ごはんの後には、参加者のみんなが先生となって、日本語教室を開きました。

 

子どもたちは何かを学ぶときには、本当にすごい集中力を発揮します。

みんな日本語を学びたい!吸収したい!という気持ちが強くて、大人のほうがへとへとになってしまうほど!

 

参加者の方が持ってきていた「タイ語の指さし会話帳」を使いながら、子どもたちが知りたい日本語を探して、ノートにメモして、みんな本当に集中して日本語に触れていました。

 

日本語教室にて みんな真剣!
日本語教室にて みんな真剣!

毎日の子どもたちの楽しみといえば、川遊びの時間です。近くに、大きな川が流れているのですが、夕方4時になると、鐘が鳴り、子どもたちは川の方へわらわらと歩いていきます。

 

木からジャンプして、川へ飛び込んだり、シャンプーしたり、身体を石鹸で洗ったり、みんな本当にのびのびとしていて楽しそうです。

みんな逞しい~
みんな逞しい~
イチ、ニ、サーン 
イチ、ニ、サーン 

園長先生にお話を伺う時間もとっていただいたのですが、参加者からの「子どもたちと接するときに気をつけていることは何ですか?」という質問に対して、こう答えていらっしゃったのが印象的でした。

 

「家庭で虐待を受けて、ここに来た女の子がいるのですが、来たばかりの頃は大人が怖くて、押し入れに閉じこもってしまったときに、ひたすら抱きしめました。ここは大丈夫、安心できる場所だよ、というのを抱きしめることで伝えました。」

 

「ここにいる子どもたちが愛情を感じられるように、ここは安心できる場所なのだと感じてもらえるように、子どもたちが自分で何でもできる子になれるようにと考えている。」

 

園長先生の言葉を聞いて、どうしてこんなに子どもたちが生き生きと、のびのびと、逞しく育っているのか、わかった気がしました。

お別れ会
お別れ会

最後の夜、先生や子どもたちがお別れ会をひらいてくださいました。

 

一緒にゲームをしたり、子どもたちのダンスを見たり、参加者もこの日に合わせて「まるもり」ダンスを披露したりして、本当に楽しい夜でした。

 

最後、子どもたちがお別れの歌を歌いながら、手首に白い糸を巻いてくれます。これはタイでは、お寺のお坊さんが結んでくれるお守りです。

 

「無事に日本に帰れますように」という意味を込めて、子どもたち一人一人が結んでくれました。参加者のみんなは、もうボロ泣き!

 

今回この旅で参加者のみんなに出会い、子どもたちと再会できたこと、みんなでいい時間を過ごせたこと、本当に嬉しく思っています。

 

この旅に参加してくれたみんな、ありがとう~♡

いつかまた近いうちに、子どもたちに会いに、絵本を届けに行きたいと思います。

 

 

0 コメント

2012年

3月

29日

春のツアー 無事終了しました

2月からスタートした、タイ・カンチャナブリ&チェンマイと、フィリピン・カオハガン島での絵本読み聞かせの旅が無事に終了いたしました。

 

今回は初めてのカンチャナブリでのツアーが加わり、新しい体験もたくさんすることができました。

 

絵本を届けてくださった参加者の皆さん、本当にありがとうございました!!!

 

これから、子どもたちの笑顔の写真とともに、旅の報告を載せていきたいと思っています。また宜しくお願いします♪ 

 

 

0 コメント

2012年

1月

21日

貼り付け会 ありがとうございました!!

みんな真剣作業中!
みんな真剣作業中!

今日は寒~い寒い日だったにもかかわらず、絵本貼り付け会のために皆さんが集まってくださいました!

 

私を含め6人で仕上げた絵本はなんと16冊(と半冊)みなさん丁寧かつ本当にスピーディーで、あっという間の3時間でした。

 

最初はおしゃべりしながら、しだいに黙々と、かなり集中して作業してくださって、絵本を次々仕上げていきます。一人で4冊終わらせてくださる方もいました。なんだか職人さんがいるような感じでした(笑)

 

こうして呼びかけに応じて駆けつけてくださる方々がいること、本当に有難く、嬉しく思います。

 

今日仕上げていただいた絵本は、カンチャナブリと、チェンマイの子どもたちに大切に届けさせていただきますね。

 

皆さん、本当にありがとうございました!!

できた~!!!
できた~!!!
いろんな絵本 素敵な絵本
いろんな絵本 素敵な絵本
0 コメント

2012年

1月

11日

絵本読み聞かせツアー 募集中

タイ・チェンマイへの絵本読み聞かせの旅、まだまだ募集中です!

 

日程は、3月1日(木)出発と、3月8日(木)出発の2本です。

http://www.jeps.co.jp/thai/thai_ehon.html

 

バーンロムサイの子どもたち、この旅で参加者の皆さんと出会えることを本当に楽しみに待っていてくれています。

 

タイ語ができなくても、海外旅行が初めてでも、大丈夫です!!

何か質問や心配なことなどありましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。

 

皆さんとお会いできることを楽しみにしています♪

 

P.S. 

お問い合わせフォームから貼り付けボランティア会へお申込みされた方へ

メールアドレスへ返信しようとしたら、メールが返ってきてしまいました。

当日、会場でお待ちしております♡

光あふれるバーンロムサイで
光あふれるバーンロムサイで

 

 

0 コメント

2012年

1月

06日

絵本貼り付けボランティア募集

今年はじめの貼り付けボランティア会を開催したいと思います。

 

2月はカンチャナブリ、3月はチェンマイと、たくさんの絵本に訳語を貼り付けるので、できるだけ多くの方にご参加いただけると嬉しいです!

 

よろしくお願いします^^

 

○日時:1月21日(土) 14:00~17:00

※遅れての参加でも大丈夫です!

 

○時間:約1時間~1時間半程度。

 

○場所:三軒茶屋駅から徒歩1分の下記の場所です。

 

〒154-0004 世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー3階
世田谷文化生活情報センター生活工房 市民活動支援コーナー

http://www.setagaya-genki.net/pao/spec-jikan.html

 

○作業内容:翻訳を絵本に糊で貼り付ける作業です。

 

○持ち物:マイハサミ 

 

○人数確認のため、お問い合わせフォームから参加の旨をご連絡ください。 

よろしくにゃ
よろしくにゃ
2 コメント

2012年

1月

05日

あけましておめでとうございます。

2012年が始まりました!

 

今年のお正月は、福島の実家に家族が勢揃いし、姪っ子や甥っ子に囲まれて賑やかな時間を過ごすことができました。

 

こうして大切な人たちと過ごせることは、本当に有難いことだなぁとしみじみしてしまいます。

 

今年は、たくさんの楽しいこと、嬉しいこと、素敵な出来事がみなさんに降り積もることを心からお祈りしています。

 

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

0 コメント

2011年

12月

05日

9月メンバー 再会の会

 

昨日、9月ツアーの再会の会で、チェンマイで出会ったメンバーが集まりました。

 

今回の参加者は、20名中、東日本、西日本がちょうど半々だったため、なかなか東京に集結するのは難しかったのですが、皆さん、忙しい中集まってくれました。

 

名古屋から駆け付けてくれた子もいて、みんなびっくり!一緒にご飯を食べるのも、ちょっと懐かしかったり、近況を報告しあったり、とても楽しい時間でした。

 

来てくれた皆さん、本当にありがとう~♡

 

会場は、バーンロムサイ展の近くのジャスミンタイ@六本木

http://www.jasmine-thai.co.jp/

 

いつもバーンロムサイ展に行くときは必ず立ち寄る、美味しいタイ料理屋さんです。

(ボリュームもすっごいあります。)

 

みんなでバーンロムサイ展にもおじゃまして、お買い物もできました。あっという間の時間でしたが、みんなに会えてうれしかったです!

 

17日(土)には、JEPSさん主催のクリスマスパーティもあります!

またそちらでもお会いしましょう~♪

 

 

 

0 コメント

2011年

11月

14日

カンチャナブリ 子どもの村学園

来年2月から、タイのカンチャナブリにある「子どもの村学園」というところで、新しく絵本の旅がスタートします。

 

ここには、視察で一度訪れたことがあります。200人以上の子どもたちが暮らす「子どもの村学園」は、森の中に、学校があり、家があり、遊び場があり、ひとつのコミュニティになっています。

 

子どもたちは、本当に逞しく自然児で、葉っぱや花を使って遊んだり、近くに流れる大きな川に飛び込み、お風呂代わりに身体を洗ったり、泳いだりしていました。

 

そして驚くべきことが、学校の授業には「自主的さ」が求められること。

 

授業に出たかったら出ればいい。出たくなかったら・・・?

そう、出なくていいんです。

 

子どもたちが自分の意思で選んでいくことを尊重しているコミュニティ。学校に行かなくても、自然から学ぶこともたくさんある、そんな風に考えているようです。

 

問題があれば、子どもたちみんなで話し合って解決する、そんな環境で育つ子どもたちは、例え親がいなくても、しっかり自立した大人に成長するのではないかと思います。

 

視察の際に、何冊か絵本を持って行ったところ、みんな興味深そうに、楽しそうに読んでくれました。

 

子どもたちの「また絵本たくさん持ってきてね!」と言われた言葉に応えられる日が近づいていることが嬉しいです。

 

一緒に絵本と笑顔を届けにいきませんか?

 

子どもの村学園について、旅の内容についてはこちら↓をご覧ください。

http://www.ehonyomikikase.org/絵本の読み聞かせの旅 

遊び場でもあり、お風呂でもある大きな川
遊び場でもあり、お風呂でもある大きな川
0 コメント

2011年

11月

07日

チェンマイ絵本の旅 報告

チェンマイから戻り、あっという間に11月!!

更新が遅くなってしまってごめんなさい。

 

9月のチェンマイ絵本の旅の報告をしようと思います。(長いです)

 

今回で、このツアーも9回目と10回目!記念すべき10回目で、今までの参加者は77名となりました!

 

2年という時間でこれだけの方がこの旅に参加してくださったこと、子どもたちと出会ってくださったこと、本当に有難いことだし、心から感謝しています。

 

メーとの再会を果たして嬉しそうなタム
メーとの再会を果たして嬉しそうなタム

今回の旅でなにより嬉しかったのが、この絵本の旅、第2回目に参加してくれた方が、再びこの旅に参加してくれ、子どもたちとの再会を果たしてくれたことです。

 

仲良くなったタムやジンダーは、本当に始終嬉しそうに再会の時を楽しんでいました。

そして旅を重ねて思うのは、子どもたちの成長ぶり。毎日少しずつ少しずつ成長している子どもたちは、半年ごとに会うと、ぐんと身長が伸びていたり、ぐんと大人っぽくなっていたり、あっという間に成長しているように感じます。

 

嬉しいような寂しいような。

 

でもやっぱり嬉しいことです。

絵本も、アーパイやパヌなど、まだまだメー(お母さん)の読み聞かせに耳を傾けている子もいますが、ほとんどの子が一緒に声を出して読んでくれています。その姿にも成長を感じます。

 

参加者の皆さんも、本当によく練習をしてきてくれて、タイ語での読み聞かせをがんばってくれました。時には子どもたちに教えてもらいながら、何度も何度も絵本を読んで、「絵本を読むだけでこんなに疲れるんだ!」と笑っておっしゃっていた方もいました。

ジンダーも再会できたね♡
ジンダーも再会できたね♡

 

子どもたちの大好きなお菓子づくりもしました。

 

今回作ったのは、大きな大きな焼きプリンと、ぐるんぱのようちえんに出てくる大きなビスケットです。

 

子どもたちもぐるんぱの絵本は大好きだったので、今回同じクッキーをつくれて、食べられて、本当に嬉しそうでした。

プリンをつくるのは初めてでしたが、なるべく子どもたちに手伝ってもらって、大人はそれをサポートする形で、なんとかうまく焼きあがりました。

 

こんな大きなプリンをつくるのはみんな初めてです!

 

卵の殻を割ると、失敗して細かい殻も一緒に入ってしまうので、それを取り除く作業が大変そうでした(取り除くのは大人たち。。。笑)

 

 

 

 

他にも日本の遊び(はないちもんめ、だるまさんがころんだ、缶けり)や縄跳び、折り紙や工作など、丸二日間、思いっきり遊びました。

 

今回よかったなと思ったのは、参加者の皆さんとバーンロムサイの子どもたちと出会い、ここでの体験を通じて何を感じたか、何を考えたか、共有する時間を持てたことです。

 

そこで、参加者からの想いや感想を聞けたことで、自分がこの旅を続けていく意味も、改めて実感できました。

 

ひとりの参加者の方が、「今までは、自分の家族や友達の幸せを願うだけだったけど、コムロイをあげるとき、バーンロムサイの子どもたちがずっと元気でありますようにと願っていた。」とおっしゃっていました。

 

子どもたちのことを想ってくれる人が一人でも増えたこと、数字では表せない成果ではないかなと思っています。参加してくれた皆さん、本当にありがとうございました!!

 

絵本の旅の様子を写真でご覧下さい↓

絵本を楽しむアーパイ
絵本を楽しむアーパイ
絵本を持ってパチリ
絵本を持ってパチリ
自分でつくったうさぎのクッキーを持ったパヌ
自分でつくったうさぎのクッキーを持ったパヌ
プリン完成!!
プリン完成!!
懐かしいお花をつくりました
懐かしいお花をつくりました
折り紙でつくった帽子をかぶって可愛いふたり
折り紙でつくった帽子をかぶって可愛いふたり
コムロイに願いを込めて
コムロイに願いを込めて
最後のひとつ、みんなであげました
最後のひとつ、みんなであげました
0 コメント

2011年

9月

12日

帰りたくなる場所 カオハガン島

朝日が昇る頃
朝日が昇る頃

カオハガン島から日本へ帰る時、いつも見送ってくださる代表の崎山さんは「いってらっしゃーい!」と声をかけてくださいます。

 

私はその「いってらっしゃーい!」と言われるとき、いつも「また絶対ここに帰ってこよう。」と心に誓います。

 

そんな、私にとって帰りたくなる場所がカオハガン島です。

 

今回の旅の中で、参加者のみんなと一緒に「幸せ」や「豊かさ」について考える時間を設けました。

島の子の笑顔はピカピカ!
島の子の笑顔はピカピカ!

日本で暮らす中で考えてきた「幸せ」「豊かさ」についての考え方をみんなで共有し、最後の日に、カオハガン島での暮らしを通じてその考えがどう変化したか、どんなことを感じたのか、そんなことをディスカッションしました。

 

この時間は本当に参加者にとっても、私にとっても、それぞれ考え方は違っても、改めて「幸せ」や「豊かさ」について考え、言葉にして、認識を深めるとてもいい時間でした。

 

一昨年の調査では、カオハガン島の人々は、島民一家族(平均して6~7人くらい)で月の平均現金収入が、約9000円だったそうです。

 

国連の基準に当てはめると、世界の「最貧国」の約半分の収入に当たる数字です。

 

でも島の人々の様子を見ていると、どうしても「貧しい」とは思えないのです。子どもたちはとびきりの笑顔を見せてくれるし、島の人々に聞くと、「I am happy」という答えが返ってきます。

ありがとう はずき&わか と砂浜に書いてありました
ありがとう はずき&わか と砂浜に書いてありました

もちろん、島民の家には電気がきていない家がほとんどで、物質的な面からみると豊かとは言えないという人もいるかもしれません。

 

でも、

 

朝早く起きて、日が沈んだら寝ること。

 

家族、兄弟、みんなが一緒に過ごせること。

 

美しい海に囲まれた自然豊かな環境で暮らすこと。

 

自然の恵みを少しずついただいて、その日食べる分を得られること。

 

道行く人と当たり前に挨拶を交わすこと。

ホームステイの家族と一緒に
ホームステイの家族と一緒に

この島には、人間のきほんの様な暮らしがあるのかもしれません。

 

本当にほっとするような、当たり前の暮らし。

 

この島から学ぶこと、見習うことは、きっとたくさんあります。なによりも、この島で過ごしていると身体が喜んでいるのがわかります。

 

また来年もこの島に帰れる日を楽しみに、日本での日々も大切にしていこうと思います。

 

 

 

 

0 コメント

2011年

9月

03日

カオハガン島行ってきました!

フィリピン・カオハガン島から無事ツアーを終え、一昨日帰ってきました。

 

今回で3回目の訪問になるカオハガン島でしたが、海の綺麗さ、珊瑚礁や魚、海の生き物たち、満天の星と流れ星、島の人々の温かいまなざし、子どもたちのきらきらした笑顔、毎回新鮮で心地よく、今度も完全にそんな美しいものたちに引きつけられてしまいました。

なにより、ツアー参加者のみんなに出会えたこと、一緒にご飯を食べ、いろんな話をしたり、笑ったり、考えを共有できたこと、本当に嬉しかったです。心から、ありがとう!

 

そして、このような絵本読み聞かせの活動を、カオハガン島で続けていけることも、本当に幸せなことです。自分の行動が、子どもたちの笑顔に繋がる。それを仕事にできていることは、本当に幸せなことだし、不思議なご縁で繋がってできたもの。大切にしていきたいです。繋げてくださったJEPSさん、島のオーナー崎山さんにも心から感謝しています。

気持ちがあふれていて、長文になってしまっていてすみません。。。

 

絵本の読み聞かせの様子をご覧ください♪ みんな目を輝かせて、絵本に集中していました!

 

男性の参加者には男の子が集まる!?子どもたちに取り囲まれていますね。

「子どもたち、私より英語読むの早いよ~!」と笑っていた参加者のなおちゃん。

 

カオハガンの学校では、英語とビサヤ語、両方使って授業を行っているので、小学校高学年にもなると、英語の文章、かなりすらすら読めます。

 

小さい子でも、カタコトでも英語を話せるので、子どもたちとのコミュニケーションは、英語でOKなんです。

 

小さい子は、膝に座って絵本を楽しむ。これ、万国共通のスタイルなんですね。

 

タイで読み聞かせをしていたときも、甘えたい子は必ず膝の上でした(笑)。

 

みんな絵本がよく見えるように、肌を寄せ合って、座っています。でも顔は真剣!

 

カオハガンには、現在約500名の島民が暮らしています。島民の家族は、一家族、子どもが5人~8人いて当たり前。子どもたちがたくさんいて、本当に賑やかです。

ティーンの子たちも、新しい絵本や読み物(ちょっと文章が長めの本)に興味深々なようで、一緒に楽しんでいました。

 

今回、絵本読み聞かせの活動は、私が同行する8月25日出発の日程だけでしたが、他の日程のツアーの参加者にも、私が日本でこつこつ購入した絵本を持って行ってもらっています。この夏のツアーで寄付できた絵本は、33冊でした。

 

ここには書ききれないので、カオハガンの魅力について、またブログ更新しますね!

 

つづく・・・

カオハガンの海
カオハガンの海
0 コメント

2011年

8月

10日

チェンマイ&カオハガン島への旅

おかげさまで、チェンマイ絵本読み聞かせの旅、2本とも催行することができました!

 

前半の15日出発は、満員御礼です!後半の22日出発も、ほぼ満員に近く、残席わずかというところ。本当に嬉しい~~です。

 

参加される皆さん、この旅を見つけてくれて、本当にありがとうございます。

チェンマイでお会いできるのを楽しみにしています♪

 

そして、今回は、第2回の絵本の旅に参加してくれたお二人が、リピート参加!おふたりはゴールデンウィークにも単独でバーンロムサイの子どもたちに会いに行ったというつわものです(笑)。今回3回目のチェンマイも楽しい思い出になるよう、子どもたちとの再会をめいっぱいサポートしますね♡

 

カオハガン島への旅は、英語で絵本の読み聞かせをし、できたばかりの図書館に寄付してくるのですが、こちらも17名というたくさんの方にお申込みいただいております。

 

その中に、2名、チェンマイの旅に参加してくれたふたりがいるのです!本当にご縁が続いていくこと、嬉しく思います。

 

カオハガンの子どもたちは、本当に自然の恵みを受けて、パワーに満ち溢れていて、私たちにも元気を与えてくれます。

 

今度はどんな新しい出会いがあるか、楽しみです♪♪

 

チェンマイの象の親子
チェンマイの象の親子
1 コメント

2011年

6月

30日

貼り付けボランティア会 御礼

先日行われた、絵本の訳語貼り付けボランティア会、4名の方にご参加いただきました!

 

1名は、以前ツアーに参加してくれたメーともみ♡ 3名は、なんとこのHPでボランティアを知り、来てくれた皆さんです。

 

本当にありがとうございました!!!

 

皆さんにお手伝いいただいたことももちろんとても助かったのですが、はじめましての方々といろんなお話をすることができて、とても楽しかったのです♪

 

社会人で仕事終わりにいろんなボランティア活動をされている方からは、こどもの城での読み聞かせのボランティアや一緒にバスケ?(運動)をするボランティアのお話をお聞きました。そのほかにも、ハガキの枚数を数えるという地道な活動にも協力なさっているそうです。

こういうボランティアの方にNGOやNPOは支えられているんだなぁ~とつくづく思いました。絵本プロジェクトも然り!

 

あとお二人は学生さんで、おひとりは現在就職活動中とのことで、にわか就職相談会?のような励まし会のような雰囲気で、皆さんといろいろ情報交換されていたのが印象的♪きっと大丈夫!がんばってくださいね。

 

もうおひとりは、医学生で、普段聞けない医学部のことやお医者さんになってからのこと、たくさんお聞きしました。将来、海外でも医療活動をしたいという志、すばらしいと思いました。

 

それから、いつもバーンロムサイの展覧会やボランティア会などにもよく足を運んでくれているメーともみ♡ バーンロムサイのことや絵本の旅のことも、参加者の立場から魅力をたくさんアピールしてくれて、嬉しかった。本当にありがとうございました。

 

毎回、心強い助っ人です!

 

実は後日、この夏のチェンマイ絵本ツアーに参加しますとの連絡を受けたのです!!ツアーリピーター、4人目です。バーンロムサイの子どもたちを大事に思う気持ち、本当に嬉しいし、有難い。きっと子どもたちにも伝わると思います。

 

最高のツアーにできるように、準備がんばるぞー!!

 

7月23日(土)にも、ボランティア開催します!

よろしければボランティアのページをご覧くださいね。

http://www19.jimdo.com/app/s994595fe0ff03fee/p2a47289d169b8fad/

 

 

0 コメント

2011年

6月

09日

絵本の旅 パンフレット

今年9月の旅 パンフレット
今年9月の旅 パンフレット

今年9月の絵本の旅のパンフレットができあがりました。

 

毎回、編集をしてくださる担当の須川さん、いつもありがとうございます♪

今回はグリーンがさし色で入っていて、爽やか~。

 

このパンフレットをいろんな場所に置かせてもらえたらと思っています。ちなみに、先日まで行われていたバーンロムサイ展や鎌倉店には置いてもらえました。あと、一色海岸の海の家、ブルームーンにも毎年置かせてもらっています。

 

このパンフレット効果!?かどうかはわかりませんが、すでに9月15日の絵本の旅に申し込みがあったとのこと!嬉しいです~。

 

 

 

申し込みがあると、たとえ一人でも、その方と出会う日のこと、チェンマイを一緒に旅するときのことを想像して、テンションが上がります!

 

がんばろう~。

 

パンフレット、もしどこか置いてもらえるお店や場所などご存じでしたら教えてくださいね。

 

こつこつ、広報活動です♪

 

 

0 コメント

2011年

6月

01日

絵本翻訳貼り付け会のお知らせ

ガノック チェンマイの学校にて
ガノック チェンマイの学校にて

タイ人留学生のジョイスさんから、お願いしていた絵本の翻訳が「終わりましたよ~!」との連絡がありました。

 

毎回、翻訳と音声データの吹き込みをお願いしているのですが、翻訳はすばやく正確で、音声も聞き取りやすいんです。本当に助かっています。

 

私も編集作業をがんばって、続々と貼り付けていきたいと思います。

 

そこで今年度初めの貼り付け会、開催いたします!

●日時:6月11日 土曜日 14:00~16:00 

 

●場所:世田谷文化生活情報センター生活工房 市民活動支援コーナー

田園都市線、世田谷線 三軒茶屋駅から徒歩1分。

〒154-0004 世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー3階
http://www.setagaya-genki.net/pao/spec-jikan.html

 

作業時間は1時間~1時間半程度です。

 

楽しくお話しながらも、貼り付け作業を丁寧に心を込めて手伝ってくださる方を募集しています。

 

人数の関係もありますので、ご協力いただける方は、お手数ですが、お問い合わせフォームから参加の旨をご連絡くださいませ。

 

お待ちしています!!

幼稚園の制服が可愛いアーパイ
幼稚園の制服が可愛いアーパイ
0 コメント

2011年

5月

17日

バーンロムサイ展 お買いもの

 

先週の土曜日、さっそくバーンロムサイの展覧会に行ってきました。

 

さらりとした夏物のブラウスやタイパンツが並び、新作も続々。その中で、今回購入したものが、「猫の首輪」です。

 

手編みのレースで、真ん中にオレンジ色の丸いフェルトが可愛らしい、シュシュ形の首輪です。うちの愛猫にどうかな?と思って購入しました。似合ってるかな?

 

 

 

他にも、植物などに使う猫のネームプレートもゲット。

この商品は、バーンロムサイで子どもたちにアートを教えてくれている、

ちひろさんとホンさん(http://rencon-kumiai.blogspot.com/)の作品です↓。

 

他にも箸置きや小物入れなど、ポップな色遣いで楽しませてくれる猫グッズがたくさんありました。

 

バーンロムサイ展、まだまだ開催中ですので、ぜひお立ち寄りください~。

私も時間があったら、もう一度ぐらい行きたいです♡

 

 

 

2 コメント

2011年

5月

13日

バーンロムサイ展

今日から、東京六本木のサボア・ヴィーブルで、バーンロムサイ展がスタートしています!

お時間がある方は、ぜひ足をお運びくださいね!

いいものは、すぐに売れてしまうのでお早めに^^

 

○バーンロムサイ展○ 

http://www.banromsai.jp/cms/event/13savoir_vivre.html


■5月13日(金)〜5月22日(日)  11:00~19:00   

 *会期中無休
*5月13日 17:00よりオープニングレセプションを行います。

■会場 : SAVOIR VIVRE (サボア・ヴィーブル)
      港区六本木5-17-1 AXISビル3F
      Phone: 03-3587-0318

      http://www.savoir-vivre.co.jp

 

 

0 コメント

2011年

5月

12日

3月ツアーのご報告

今年3月に行われた絵本読み聞かせの旅について、すっかり遅くなってしまいましたが、たくさんの笑顔の写真とともにご報告したいと思います。

 

 

今回は、前半が6名、後半が5名の皆さんにご参加いただきました。

 

いつもは社会人の方もちらほらご参加いただいているのですが、今回はみんな学生さん。

 

若さとありあまるパワーが本当にはちきれそうで(笑)、バーンロムサイの子どもたちともすぐにうちとけていました。

 

←読み聞かせの時間。ペンはどっしり、メー(お母さん)の膝に座って読むのが定番。

アーパイもにこにこ。嬉しそう。

時間が余ったので、「言葉ゲーム」をしました。日本人のメー(お母さん)に、子どもたちがタイ語を教えて、ちゃんと言えたらクリア! そしてその逆、バーンロムサイの子どもたちに、メーが日本語を教えて、ちゃんと言えたらクリア!という遊びです。

 

結構盛り上がりました♪

 

メーと絵本とパチリ☆→

カメラを向けるとちょっと恥ずかしそうなダーオ。

 

「バムとケロのにちようび」絵本のなかの美味しそうなドーナツ、屋根裏の探検を楽しそうに読んでいました。

子どもたちが待ちに待っているお菓子づくりの時間。

 

今回作ったのは、絵本「うさこちゃんのおじいちゃんとおばあちゃん」に登場するキャラメルクッキーと、「おおきなおおきなおいも」に登場するおいものスフレです。

(レシピは宝島社 絵本からうまれたおいしいレシピ2 を参照しています。)

 

 

みんなはりきって自分の担当を一生懸命こなしていました。

 

そして、今回は

とても嬉しいことにツアーリピーターが!!!

 

2度目のツアーとなる、メーえり。

 

前回仲良くなっていたビーとダーオは、メーえりとの再会に本当に大喜びでした。

 

ビーはメーえりの隣りから離れません(笑)→

 

メーえり、二度も子どもたちに会いにきてくれて、ありがとう♡

みんなのパワーで子どもたちにとっても、とても有意義な忘れられない時間になったと思います。本当にありがとうございました!

 

笑顔を見るとほっとしますね。

 

今回のツアーは、ツアー開始の翌日、3月11日に東日本大震災が起こり、不安や心配も多くあったのですが、参加してくれた皆さん、子どもたちの笑顔に支えられて、無事に終えることができました。本当に感謝しています。

 

バーンロムサイの子どもたちの笑顔を通じて、みんなが少しでもほっこりできますように。

 

笑顔のアルバムです ↓

0 コメント

2011年

4月

21日

チャリティ再会の会

先日の17日に行われたチャリティ再会の会。ご参加いただいた12名の皆さん、本当にありがとうございました!

みんなの顔を見れたことも、参加者同士が交流している姿も、本当に嬉しく、私自身もたくさん元気のもとをいただきました。

なんと今回は、兵庫県から来てくれたふたりも!メーともこ、メーあやか、遠くからわざわざ、ありがとう。

絵本の貼り付け作業をお手伝いしたい!とのことで、その日の午後にボランティアまでしてくれました。本当に助かりました。

 

 

今回、集めさせていただいた皆さんからの募金は、総額 87,342円 となりました。

 

集まった募金は、なるべく早くプロジェクトに活用していただきたいという想いで、4月19日に つなプロ基金(http://blog.canpan.info/tsunapro/category_9/) 

へ送金させていただきましたので、ご報告いたします。

 

たくさんの温かいお気持ちに感謝するとともに、このような素敵な仲間に出会えたことを幸せに思った夜でした。

 

皆さん、本当にご協力ありがとうございました!

 

(振り込みでの募金は、まだ受け付けておりますので、5月6日以降にご報告いたします。)

 

 

 

1 コメント

2011年

4月

11日

震災から一カ月・・・

 

3月11日の東日本大震災から一カ月。毎日余震が続き、原発事故の収束も見通しがつかない中、被災者の方々にとっては、長く苦しい、とても悲しくとても不安な一カ月だったのではないかとお察しします。

 

改めまして、このたびの震災で被害にあわれた皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。

そして犠牲になられた方々とご遺族の皆様に深くお悔みを申しあげます。

 

私の故郷も福島県です。地震のニュースを聞いた時は、チェンマイで絵本ツアーの真っ最中でした。家族や親戚、友達が東北に多くいる中で、とても心配で気が気ではありませんでしたが、自分に今できることは、このツアーを子どもたちと参加者の笑顔でいっぱいにして、無事に成功させることだと思い直し、無事にツアーを終え、先日帰国しました。

 

バーンロムサイの子どもたちも、毎日日本のニュースを見ては心配して声をかけてくれました。日本に来たことのある子もいるので、とても新聞やニュースで映し出される光景が日本であることが、信じられないようでした。

 

絵本プロジェクトでは、少しでも何かできないかという想いから、

「チャリティ再会の会(ツアー参加者が帰国後再会するための集い)」を開催し、

そこでの募金を下記の支援プロジェクトに寄付する予定です。

 

被災者をNPOとつないで支える合同プロジェクト(つなプロ!) 
※活動状況も随時、HPで確認できます。

避難所で多様な配慮を必要としている方々、
例えば、妊産婦、軽度の要介護者、精神適用支援者、
外国人(言語サポートの必要な方)、障碍者、
アレルギーをお持ちの方、難病患者などの方々への支援プロジェクト。

 

当日来られない参加者の方、このブログを見て募金にご協力いただける方は、NPOピースロー計画(http://www.peaceslow.org/)との協力により、振り込みでの義援金も受け付けております。

 

◆◇◆ 義援金 ご入金先 ◆◇◆ 
ゆうちょ【口座番号】17000-6426521 【口座名】 ピースローケイカク

※ご入金いただける期限は5月6日(金) までとなります。

 

集まった義援金や送金については、このブログでご報告していきます。

 

小さなことでもできることを行動に移して、ずっと忘れないで、応援していけたらと思います。

 

 

2 コメント

2011年

3月

07日

フィリピン カオハガン島での絵本読み聞かせ

3月2日にカオハガン島から帰ってきました!

 

今回、初めて、フィリピン・カオハガン島で、現地の子どもたちに英語で絵本の読み聞かせをしてきました。

 

JEPS主催のカオハガンツアーに参加してくれた13名のみんなが、ひとり一冊の絵本を届け、そして子どもたちに読み聞かせをしてくれました。みんな、本当にありがとう!!!

↑まだ絵本や書籍は少なく、棚はがらがらでした(笑)

 

カオハガン島では、1月に新しく図書館が出来たばかりです。海風が通る、とても心地の良い場所に、図書館はありました。壁には、現地で暮らすアーティストのかおりさんの絵が描かれていて、本当に素敵な空間に仕上がっています!

↑みんな絵本に興味深々♪ 初めて読む絵本に、見入っていました。

 

子どもたちは、普段、授業を英語+ビサヤ語で受けているので、参加者以上に(?)英語が上手!みんなで一緒に大きな声で読み上げたり、参加者の読み聞かせに耳を傾けたり、本当に賑やかで、楽しい時間となりました。

 

もともと、現地には、絵本や本もほとんどなく、本を読む習慣そのものがなかったため、この図書館ができたことをきっかけに、学校の授業の中で、絵本の読み聞かせの時間もスタートさせたそうです。

絵本の読み聞かせの時間をきっかけに、子どもたちが絵本をどんどん好きになってくれて、自分から進んで本を読んで世界を広げてくれたら嬉しいな~と思います。

 

そして、『絵本プロジェクト in カオハガン』を通じて、できたばかりの本棚を絵本でいっぱいにしたいです♪

↑カオハガンの海と子どもたち。本当に素晴らしい場所でした!

サラマーット

 

 

2 コメント

2011年

2月

04日

参加者続々!

象が描いた象の絵。チェンマイでは象のショーが各地で見られます。

 

3月の絵本読み聞かせの旅、続々と参加者が集まってきています!

本当に嬉しいことです。申し込んでくださった皆さん、ありがとうございます!!!

 

素敵な旅になるように、精一杯、心を込めて、

大好きなチェンマイをご案内したいと思っています。

 

まだ若干名、絵本の旅にご参加いただける方を募集していますので、参加したい!

という方はお急ぎくださいね!http://www.jeps.co.jp/thai/thai_ehon.html

 

今、準備も佳境・・・。毎日貼り付け作業に奮闘しています。

 

土曜日に行う貼り付けの会もおしゃべりしながら作業できて、すごく気分転換になるし、

一人でもくもく、というのも、静かな気持ちになれてすごく好きな時間です。

 

 

0 コメント

2011年

1月

29日

ボランティア会

今日は絵本の翻訳貼り付けボランティア会でした。

 

参加してくれたのは、ちょうど一年前の絵本ツアーに参加したさきちゃん。就職活動の合間に駆けつけてくれました!

 

←メーさき。ちょっと恥ずかしいらしく、はみかみ笑顔です。

 

チャイを飲みながら、たくさんおしゃべりしながら楽しく作業することができました。

 

メーさき、本当にどうもありがとう!!!!就職活動やアルバイト、大学のゼミなど、、話を聞いていると、本当はすごく忙しいのだろうに、時間を見つけて来てくれたことがとっても嬉しかったです。

 

今ツイッターやフェイスブックなどで人と繋がるのはとても簡単になってきているけれど、直接「人と会う」ことで得られるパワーはすごいなと思うし、出会いが続いていることを実感できます。

 

今回メーさきから絵本を三冊寄付していただきました!彼女が小さい頃読んでいた絵本がバーンロムサイの子どもたちに届くのを考えるとわくわくするなぁ。

 

次回夏のツアーで活用できたらと思っています!!

 

0 コメント

2011年

1月

28日

Baobab Cafe

昔~むかし、今から8年ぐらい前、早稲田大学のすぐ近くに ひとつのカフェがありました。今はもうなくなってしまったBaobab Cafe(バオバブカフェ)というお店。

 

私は大学4年生のときにこのカフェと出会って、それから3年近くここで店長として働くことになりました。カフェで働くのも、ましてや経営するのも初めてで、毎日が試行錯誤。

 

大変なことも多かったんだろうけど、今思い出すのは若くして貴重な経験をさせてもらったことと、スタッフやお客さんとの楽しい思い出ばかりです。

 

このBaobab Cafeを辞めるとき、「ハンデがあったり、貧しかったり、助けが必要だったりする子どもたちのために、これからの人生のエネルギーを注ぎたい」とスタッフや常連さんの前で宣言し、温かく見送ってもらいました。

 

そして今、まだまだ未熟ではあるけれど、あの時の想いをを自分なりの形として実現し、活動として続けられることを本当に嬉しく感じました。

 

道は続いている!

 

今日、このHPを見て連絡をくれたバオバブ元スタッフからのメールで、そんなことを思い出しました。なつきちゃん、見つけてくれてありがとう!!!

 

これからも楽しみながら、頑張っていきます。

 

0 コメント

2011年

1月

26日

絵本探しの旅

↑今日の戦利品です。

 

今日は東京のブックオフ巡りをしていました。

 

絵本は、同じ種類の絵本を2冊揃えています。一冊は、バーンロムサイの子どもたちへ。もう一冊は、国立孤児院の子どもたちへ届けるためです。

 

なので、一冊絵本があるだけではだめで、同じ絵本をもう一冊探します。

 

たいていは、ブックオフで見つけたり、アマゾンの古絵本を購入していて、値段はだいたい一冊300円~500円くらい。高いものになると、700円ぐらいします。

 

今日は英語の絵本がたくさんあるという噂を聞き、白金台まで行ってきたのですが、残念、、、英語の絵本は一冊もありませんでした。(でもおしゃれなカフェが併設されていて、とっても居心地よかったです♪)

 

そのかわり、用事があって立ち寄った自由が丘のブックオフには、洋書コーナーがあり、英語の絵本もいくつか見つけました。そして日本語の探していた絵本にぞくぞくと出会い、嬉々として購入してきました。

 

高級住宅街や賑やかで大きめの街のブックオフさんは、絵本の種類も数も豊富で足を運ぶのが楽しくなります。ネットで買うのはとても便利ですが、こうして足を使って絵本を選んでいくのも、大切な活動のひとつかな、と思っています。

 

0 コメント

2011年

1月

21日

HPができました!

ずっと作りたくて、なかなか手をつけられていなかったHP、やっとできました!

 

これからはこちらのブログでお知らせやご報告、日々感じることなど、発信していきたいと思います。

 

今までのブログ、お疲れさま!ありがとう。

 

これからもこの場所を通じて繋がっていければいいなと思います。

カオハガン島で拾った貝殻たち。

1 コメント