バーンロムサイ 9月12日出発ツアー報告2

さて、ちょっと間が空いてしまいすみません。。

日本食パーティ準備のつづきです。

 

餃子は、タイにもワンタンのようなものがあるのですが、日本とは包み方も違います。子どもたちに、タイの包み方を教えてもらいましたが、シュウマイのような形になり、とても簡単にできます。

 

日本の包み方は、やや難しいようです。

おにぎりも、たくさん握りました。子どもたちも、おにぎりを握るのは好きな様子で、日本人のメー(お母さん)のまねをしながら、一生懸命握っていました。

 

おにぎりを、海苔などでデコレーションするグッズも持ってきていただいていたようで、パンダのおにぎりなど、可愛いおにぎりも並びました。

こんなにたくさんのおにぎりを握るのは日本人も初めてのようで、おにぎりを握りながら、疲れてぼーっとしてしまう参加者の姿も見かけられました。

梅干し、シーチキン、鮭、さんまの缶詰、など、具材もいろいろで、美味しくできあがりました。

 

↓こちらは子どもたちに人気のパンダおにぎり。可愛いですね~。

できあがったおにぎりは、それぞれ好きな具材のおにぎりを選んで、直前に海苔をまいていただきました。

 

そして餃子は、あまりにたくさんの量で、焼いていると時間が足りなくなりそうだったため、揚げ餃子をプラスして、なんとかパーティに間に合いました。揚げるのを手伝ってくれたのは、コックとして働くプロイさん。プロイさんも、後日「とても疲れたけど、みんなで作るのは楽しかった!」と言ってくれました。

みんな、仲良くなった参加者のメー(お母さん)と一緒に座って、パーティの始まりです!

 

一日かけて準備したかいがあって、子どもたちともすっかり仲良くなり、美味しいおにぎり、お味噌汁、餃子が並びました。

餃子は、醤油とお酢とラー油でできたたれが好評で、あっという間になくなりました。揚げ餃子より、焼き餃子のほうが美味しかったようです。

 

おにぎりも、お味噌汁もたっぷりいただいて、満腹!美味しくて、とても楽しい食卓でした。

参加者の皆さん、いろいろな材料を持ってきていただいて、へとへとになりながらも、一緒に料理をしてくれて、本当にありがとうございました。

 

子どもたちは日本食が大好きなので、この企画も続けていこうと思います!